種類別・ネズミの駆除方法

ネズミの駆除方法を知る前に、まずご自宅に棲みつくネズミがどの種類かを見極める必要があります。



一般的に日本の家屋に出現するネズミは、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種類。

朝日新聞デジタルに有益な情報の紹介です。

3種の中でも最も大きく、壁のぼりができないドブネズミは下水道に出現するものの一般邸宅に出現することは少ないため、クマネズミとハツカネズミの2種に絞ります。


まず、家ネズミの中でも最小(体長6〜10cm)のハツカネズミについてです。
こちらは、市街地よりも田畑や自然の多い地域の家や倉庫に出現することが多いです。

警戒心が薄く、好奇心旺盛であるため、粘着シートをネズミの通路にしかけておけば簡単に引っかかるため、ハツカネズミの駆除は比較的容易です。

そして、残りの一種・クマネズミは体長15〜20cmの中型ネズミで、市街地の邸宅に見られる、最も一般的な家ネズミです。

ハツカネズミと同様、壁の垂直のぼりが可能であり、ビニール片や紙くずを集めて巣をつくり生活します。

ハツカネズミとは異なり警戒心が強いため、クマネズミの駆除は厄介です。

クマネズミの駆除方法としては、粘着シート・毒の餌・超音波式駆除器などさまざまな方法がありますが、いずれも安易にしかけると、仕掛けを覚えてしまったり、耐性ができてしまうため、環境を整えた上で(家中の食べ物・ゴミを封じてエサをなくし、侵入経路を断つなど)短期間で一気に片をつけることが望ましいです。



一度警戒してしまうと業者でも困難となるため、注意して取りかかるようにしましょう。